相続財産の財産評価に関する相談は誰に?

相続する財産は単純に金銭だけでなくて、土地や建物などの不動産をはじめとして、株式・投資信託・生命保険・自動車や家財などの動産など多岐にわたります。
また、相続財産はプラスの資産だけではなくて、マイナスの債務にも該当するもので、この資産と債務を差し引いて相続税の課税対象となる財産が求められるのです。
そして、これらの相続財産はひとつひとつ財産評価を適正に行う必要があって、その財産評価の詳細については国税庁の財産評価基本通達に従って行う必要があります。
Continue reading “相続財産の財産評価に関する相談は誰に?”

相続するマンションの財産評価額はどのようにして求めるのか?

マンションは土地と建物がある一戸建てと違って、建物だけが相続財産と考える方も少なくありませんが、マンションを保有している場合には土地の所有権も持っていることになります。
実は、マンションの住民全員で建物が建っている敷地を保有していると考えられているので、自分が保有する一室分の敷地と共有部分の敷地を合計した土地に所有権があるのです。
その為、マンションを相続した場合の財産評価額の計算については、土地と建物に分けて計算して最後にそれを合算して求めることになるのです。
Continue reading “相続するマンションの財産評価額はどのようにして求めるのか?”

上場株式を相続した時の財産評価はどのように評価するのか?

株式には、上場株式・気配相場のある株式・取引相場のない株式の3種類があって、その中の上場株式というのは、金融商品取引所に上場されている株式のことです。
上場株式は、土・日・祝日・年末年始を除く毎日、午前9時〜午前11時30分の前場と午後0時30分〜午後3時までの後場で売買が実施されているので、その時間内では常に株価が変動することになります。
Continue reading “上場株式を相続した時の財産評価はどのように評価するのか?”

畑を相続する際には財産評価だけで様々なことを考える必要がある

田舎で暮らしている親が所有している畑を相続する可能性もあって、そのような場合は今から所有する畑の財産評価について考えておくことも大切です。
その農地の財産評価について考えるにあたって、まずは農地の区分について知っておく必要があります。
その理由は、農地法などで宅地への転用が制限されていますし、都市計画などにより地価事情も異なるからで、これらを考慮して農地の価額が区分されて財産評価されるからです。
ちなみに農地の区分は、純農地・中間農地・市街地周辺農地・市街地農地といった4種類に区分されています。
Continue reading “畑を相続する際には財産評価だけで様々なことを考える必要がある”

相続財産となる土地の財産評価方法は?

相続財産は、原則として被相続人が死亡した日の時価で財産評価されることになっていますが、土地など不動産については国税庁の財産評価基準通達により細かく規定されています。
では土地の財産評価方法には、どのようなものがあるのかというと、路線価方式と倍率方式の2種類があるのです。
Continue reading “相続財産となる土地の財産評価方法は?”

相続税を計算するためには財産評価額が必要

相続することで財産を取得した場合には基本的に相続税がかかってきますが、相続財産の額が基礎控除額以下の場合には税金はかかりません。
その基礎控除額は、3000万円+600万円×法定相続人の数といった計算式で算出されます。
このように、相続税がかかるかどうかや相続税額がどの程度になるのか知るためには、まず相続財産を筋化する必要があります。
Continue reading “相続税を計算するためには財産評価額が必要”

相続税における財産評価方法はどのように決められるのか?

相続税における財産評価方法については、国税庁の定めている財産評価基本通達により決められています。
基本的には、相続・遺贈・贈与により取得した財産の価額は、その取得の時における時価になりますし、債務の金額についてはその時の現況で評価します。
ただ実際には相続される財産によって財産評価の方法も違いがあります。
Continue reading “相続税における財産評価方法はどのように決められるのか?”